スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

関連カテゴリー:-,
網膜剥離

視細胞と色素上皮細胞の間で網膜が剥がれる状態を網膜剥離といいます。網膜剥離がおこると、視細胞は色素上皮細胞から栄養をうけることができなくなり、機能が著しく低下します。網膜がもとどおりに復位すれば機能が戻りますが、時間が経つと回復できる割合も低くなってきます。特に黄斑部敏感で、ここが剥離すると短期間でも視力が正常に回復するのは難しくなってしまいます。

網膜剥離が起きても痛みはありません。眼の前に小さな動く点が見えたり(飛蚊症)、ほんの一瞬の閃光が見える程度です。最初は視野が網膜剥離が進行するにつれて欠損範囲が広がっていきます。黄斑部がはがれると視力障害が急激に進み、視野のすべてがぼやけて見えるようになります。

網膜剥離自体は、眼底検査で容易に診断できます。網膜剥離の検査では、原因となった網膜裂孔をさがし出すことが重要です。網膜裂孔は眼底の周辺部に起こりやすいので、周辺部は慎重に検査する必要があります。
硝子体出血や白内障などで眼底が見えないもこともありますが、超音波検査、網膜電図(眼底に光をあてて、網膜の反応を電位変化として記録する)検査で網膜剥離の有無を判断します。

網膜剥離の治療ですが、レーザー治療で網膜剥離への進行が抑えられることもあります。網膜剥離が発生してしまった場合、多くは手術が必要となります。

手術は大きく分けて2つの方法があります。ひとつは、眼の外から網膜裂孔に相当する部分にあて物をあてて、孔の周りに熱凝固や冷凍凝固を行って剥離した網膜を剥がれにくくし、必要があれば網膜の下に溜まった水を抜くというやり方です。
網膜を目の中から押さえつけるために、眼内にガスを注入することがあり、手術後にうつぶせ安静が必要です。

もう一つの方法は、眼の中に細い手術器具を入れ、眼の中から網膜剥離を治療する硝子体手術という方法です。この方法では、網膜を押さえるために、全例で眼の中にガスを入れます。

関連カテゴリー:目の疾患, 15:51
スポンサーサイト
関連カテゴリー:-, 15:51